【1月】絵本原画展『ねえだっこして』

1月13日(水)- 1月27日(水)

月・水・木・土 12:00~17:00

入場無料



◆ 田中清代

1972年生まれ。多摩美術大学絵画科卒業。在学中より銅版画と絵本の制作を始める。自作の絵本に「おきにいり」「みつこととかげ」「おばけがこわいことこちゃん」「トマトさん」があり、共作の絵本に「みずたまのチワワ」「いってかえって星から星へ」「ねえ だっこして」「みつけたよ さわったよ にわのむし」「うおいちば」「ひみつのカレーライス」「気のいい火山弾」「ゆきひらの話」などがある。「くろいの」で、2019年韓国NAMIコンクール・パープルアイランド賞、第68回小学館児童出版文化賞、第25回日本絵本賞大賞を受賞。伊東市在住。


◆ 竹下文子

1957 年 福岡県生まれ。東京学芸大学教育学部卒業。

「黒ねこサンゴロウ」シリーズ(偕成社)で路傍の石幼少年文学賞を受賞。

『ピン・ポン・バス』『まじょのむすめワンナ・ビー』(偕成社)、『せんろはつづく』『ねえだっこして』(金の星社)、『しゃっくりくーちゃん』(白泉社)、『なんでもモッテルさん』(あかね書房)、『なまえのないねこ』(小峰書店)など多数の作品を刊行。現在、画家の夫と、5 匹の猫と一緒に暮らしている。