いのちを描く絵本作家 田島征三原画展


絵本作家として60年。 力づよいタッチでさまざまな「いのち」を描いてきた田島征三さんは、1998年に伊豆に移り住み、創作活動を続けています。 『とわちゃんとシナイモツゴのトトくん』は、2021年ひだまり舎より刊行。 ビオトープの四季とともに絶滅危惧種のシナイモツゴと少女の交流を描き、人間の営みと自然との関係を考えさせます。

ひだまり舎の第1作『ちきゅうがわれた!』とあわせ、2冊の絵本原画を中心に、「いのち」を描く田島征三さんの作品を展示します。 原画から溢れるいのちの鼓動を、ぜひ聴きに来て下さい

   ひだまり舎代表・中村真純



伊豆修善寺のギャラリーで 原画に囲まれて

作家のお話を直接聞くという とても贅沢な時間


展示会 2022年 1/9(日)〜1/23(日)(火曜・水曜は休み) 営業時間 12:00〜16:00 ご予約優先 トークイベント


1月9日(日)13:00〜14:30

 

 田島征三さんトークイベント (↑リンク先よりお申込みいただけます)

   絵本の制作や、絵本と木の実の美術館のことなど、いろいろお話を伺います  ※オンライン配信、お得なサイン本とのセットもあります。 1月9日は征三さんのお誕生日!一緒にお祝いもしましょう!







最新記事

すべて表示